2017年

【報告】「PVプロボノ映像フェス2017」 イベント

2017年3月25日、五反田のIMAGICAさんにて、「PVプロボノ映像フェス2017」に参加してきました。

[ プログラム概要 ]

・トークライブ1 地域活性×映像篇
トークライブ2 子育て×映像篇 (←私たちはここで話しました)
・トークライブ3 社会福祉×映像篇
・トークライブ4 ソーシャルセクターの映像マーケティング篇

[ 上映した映像作品 ]
会津電力株式会社
旅ジョブ
たまプラー座 まちなかパフォーマンスプロジェクト GAMBO ドキュメンタリー篇(←月子さんのところです)
東山田準工業地帯(←うちの映像です)
NPO法人もあなキッズ自然学校(←関山さんのところです)
株式会社ここるく
認定NPO法人国際ビフレンターズ 東京自殺防止センター
梅島うたの会(東京ホームタウンプロジェクト)
NPO法人パラキャン
認定NPO法人スマイルオブキッズ
NPO法人ぷかぷか
NPO法人はぁもにぃ
公益社団法人セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン
〜FAIR MARKETING For children〜
〜子どものセーフガーディング〜
ジョブヨク(職欲の未来)(←ソラボですね!)

私たちの映像はこちら↓

どの映像も大変素晴らしく、心打たれるものばかりでした。
特に小児ホスピスの映像はいろいろ考えさせられました。
映像の力ってほんとにすごいですね!

 

The following two tabs change content below.

Makoto Ozawa

男澤 誠(おざわまこと)。1969年生まれ、神奈川県出身、在住。家族4人暮らし。大学卒業後、通信建設企業に入社。2000年、株式会社スリーハイに転職。経済のエンジンである中小企業が地域に及ぼす影響は大きいと考え、ものづくり、CSRを通じて未来の子どもたちにワクワクとドキドキを伝えていく活動を続けていく中、活動が拡がり、2016年、一般社団法人 横浜もの・まち・ひとづくりを設立。「今」を知りたい人がいる。もっと「今」を知ってもらいたい人がいる。 体験して、伝えて、楽しさがあふれていく。そんな世の中を創りたい。

ピックアップ記事

  1. 【報告】横浜市立山田小学校「こどもまち探検」 開催しました!
  2. 【報告】OPEN MEETING!Vol.2 「技術がすぐそばにあるまちの学び」…
  3. 【報告】OPEN MEETING!Vol.1 「技術がすぐそばにあるまちと暮らし…
  4. 第8回横浜・人・まち・デザイン賞をいただきました。
  5. 【報告】「PVプロボノ映像フェス2017」 イベント

関連記事

  1. 2016年

    【報告】OPEN MEETING!Vol.1 「技術がすぐそばにあるまちと暮らし」 イベント

    概要東山田準工業地域は、港北ニュータウン開発時に点在する工場を集約…

  2. 2017年

    【イベント告知】 2017年3月28日(火) 13時~ OPEN MEETING!Vol.2 「技術…

    概要(上の写真は前回の様子です)住工混在(住環境と操業環境が混…

  3. 2016年

    【イベント告知】 2016年11月14日(月) 13時~ OPEN MEETING!Vol.1 「技…

    概要東山田準工業地域は、港北ニュータウン開発時に点在する工場を集約…

  4. 20170804104447-0001のサムネイル
  5. 2017年

    【報告】横浜市立山田小学校「こどもまち探検」 開催しました!

    横浜市立山田小学校3年生のこどもまち探検が6月6日(火)に行われました…

  6. 2017年

    【イベント】とけてなくなるせかい

    続けての投稿失礼します。横浜市立大学の山下です!私たち…

2017年横浜市より受賞しました!「東山田こどもまち探検」

是非、御覧ください。

最近の記事

  1. 20170804104447-0001のサムネイル
  2. 2017都筑mottoいきいき元気プロジェクト

ピックアップ記事

  1. 第8回横浜・人・まち・デザイン賞受賞

特集記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

  1. 2017年

    【報告】「PVプロボノ映像フェス2017」 イベント
  2. 2017年

    【イベント報告】チョコバナナ
  3. 第8回横浜・人・まち・デザイン賞受賞

    2017年

    第8回横浜・人・まち・デザイン賞をいただきました。
  4. 2017年

    【報告】OPEN MEETING!Vol.2 「技術がすぐそばにあるまちの学び」…
  5. 2017年

    【研究】下野毛工業組合訪問
PAGE TOP